FC2ブログ

 Destiny  乳がん、私が選んだ治療法のこと

2012年11月乳がんが見つかりました。納得してないのに医師に言われるままに治療を受けていいのか?悩みました。あまり時間はありませんでしたが、調べて探して、標準治療を外れ、自分の納得できる治療を選択した私。過去を振り返りながら、治療で迷っておられる方に、選択肢のひとつになるよう、書き留めてみました。私がお世話になったのはUMSオンコロジークリニック(旧UASオンコロジーセンター)です。

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

私の病理結果 今後の治療方針 

 

2013.1月

最初にB病院へ受診した時、患者に対し『検査結果の解説と治療法の決定について』という冊子をいただいていた。

そこには、乳がん患者のためのガイドラインという本の紹介があり、それに沿った治療方法、病理結果の解説、抗がん剤の種類など実に丁寧に書かれたものだった。
患者が疑いなく、それに沿った治療を受けるのが間違いではないと思えるものだ。

私は勧められて、ガイドラインを病院の売店で購入していた。

今日は、生検の結果がでたということなので受診をする。
職場には、最初から事情を話していたので、とてもスムーズに通院でき、理解していただき感謝でいっぱいでした。

診察室に入ると、先生は画面を見ながら『もう手術日は決まりましたよ』と言われた。
検査結果は聞いてないけど・・・?
だけど早めに手術ししてもらったほうがいいか くらいに思っていた。

初日にもらった病院側が作られた、その冊子には抗がん剤、放射線治療、HER2、ホルモンレセプターとか、病理結果によって治療内容や使用する薬な名前、副作用などが書いてあった。
だけど、肝心な私の病理検査結果は説明もないどころか、見せられることもなかった。

それでも私の都合と病院の込み具合など、10分くらいの間すり合わせて、手術日は決まった。


とりあえず、手術でしかも内視鏡で、ダメージも少なく、とってしまったら終わる、
だけど一応確認しとかなきゃ。
『先生、ということは私の検査結果では他の治療は必要ないってことですよね?』

医師は『ちょっと待ってよ』
とパソコンの結果を見る。

『あぁ、先に抗がん剤しよう、それから手術をしましょう』

『え?今初めて結果を見られたのですか?』

信じられない気持ちでいっぱいになりました。

抗がん剤はやりたくないんですけど・・・

ランキングに参加してみました。
よかったらクリックしてくださいね

乳がん ブログランキングへ
スポンサーサイト

category: この治療へ辿り着くまでの経緯

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://elmo62.blog.fc2.com/tb.php/5-940e22d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。