FC2ブログ

 Destiny  乳がん、私が選んだ治療法のこと

2012年11月乳がんが見つかりました。納得してないのに医師に言われるままに治療を受けていいのか?悩みました。あまり時間はありませんでしたが、調べて探して、標準治療を外れ、自分の納得できる治療を選択した私。過去を振り返りながら、治療で迷っておられる方に、選択肢のひとつになるよう、書き留めてみました。私がお世話になったのはUMSオンコロジークリニック(旧UASオンコロジーセンター)です。

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

UASオンコロジーに行くと決めた私への反応(お題でPON No.2 ) 

 

この話題で以前ブログに書いていたので前置きとして、そちらをとりあえずアップ。

乳がんであることを周囲の人へ告げた時、治療を選択するまでの経過の中で、同病の知人も含め、友人の多くは見守り応援してくれるという姿勢でしたが、3人は少し違っていました。

どう表現したらいいか

積極的に自分の思いを伝えてくれた人かな?

まずは同僚のひとり
ネットでの乳がんの情報を色々と提供してくれました、女性です。
オンコロジーへ辿り着いたのもこの人の一言がきっかけでした。

ふたりめ
以前ブログに書いた男友達
抗がん剤、絶対反対派
ベンズアルデヒドで治してみたら?アーモンドたべよう! 

3人め
がんで友人を亡くした経験があり、なまぬるいのはダメ!って派
とにかくごっそり切ってがっつり治療すべき(本人の談)、って男性。
私がこの人の奥さんだったら・・・じゃなくて良かった(笑)

色んな反応がありましたが、どの人にも感謝しています。
みんな私のことを考えて言ってくれているって感じることができました。

子供たちは心の中では心配してたようですが、私は弱音を吐かずに(だけど、迷いの中で大きなため息は吐いていました)元気で治療法を探していたので、息子などは
『母さん見てたら、がんは恐い病気じゃないように思えてきた』とまで言ってくれました。

私はあえて医療関係者である親戚や友人には事後報告としました。
専門職であるがゆえ、マイノリティな方法を進められることはまずないだろうと思ったからです。



そんな経緯の中、オンコロジーへの気持ちが固まったとき、
反対する人は一人もいませんでした。
それは私の人生、しかも命がかかっている、私が決めたたことへ踏み込むほどの間柄の人がいなかったのもあると思います。
心の中では否定をしないまでも、大丈夫なんだろうか?という気持ちもあった人もいたはず。
だけど、どんな意見が出ようと、私は傾かないような心持だったので、そんな気迫に意見する人はいなかった。
だから『良い治療が見つかって、良かったね!』とみんなが言ってくれました。
どんな人も他人の将来、行く道へ、どこまで責任が取れるでしょう?
私が反対の立場でもそうしていたと思います。

それまでの担当医師は
『3次元だか4次元だか知らないけど、そんな治療聞いたこともない』と随分でした。
内心では、専門医といっても勉強不足なもんだなぁ。。。と

説得するつもりの無い私は、抗がん剤崇拝のような印象を持った、この大学病院へ帰らなくてもいいという気持ちが固まり、メールで資料の提供を頼みました。

親友は、どんな治療を選ぼうと気持ち寄り添って応援していくと言ってくれました。
標準治療をするつもりでいた時は、私よりも先に自分用ウィッグを買ってこれから一緒に楽しもう!と言ってました(笑)
彼女は鹿児島へも来てくれて一緒に観光しました。
ありがとう。
スポンサーサイト

category: 未分類

tb: 0   cm: 1

△top

コメント

 

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# |  | 2014/01/16 12:04 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://elmo62.blog.fc2.com/tb.php/45-437cc33c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。