FC2ブログ

 Destiny  乳がん、私が選んだ治療法のこと

2012年11月乳がんが見つかりました。納得してないのに医師に言われるままに治療を受けていいのか?悩みました。あまり時間はありませんでしたが、調べて探して、標準治療を外れ、自分の納得できる治療を選択した私。過去を振り返りながら、治療で迷っておられる方に、選択肢のひとつになるよう、書き留めてみました。私がお世話になったのはUMSオンコロジークリニック(旧UASオンコロジーセンター)です。

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

初発での治療のすすめ 

 

RIPさんのブログより

ブログにメールを頂いて、何度かやり取りした後に「今回は標準治療を受けます。 UAS オンコロジーの治療は再発したら 検討します。」…と、言われる事は実は少なくない。私が鹿児島にいた時、初発の治療の乳がんの奥様おひとりとお話した以外は、再発治療にみえた方としかお話していない。長崎からみえた男性は「うちの病院で出来ることはもうありませんから、お好きな治療をしてください。」と言われてオンコロジーにたどり...
不謹慎な例え話




かくいう私も、同僚に『樹木希林さんが九州で治療されたらしい』という何気ないひと言を聞き、ネットで検索して、全摘後、再発して鹿児島のUASオンコロジーセンターで治療されたという記事に辿りついた。

その治療されたらしいという情報は、時期が新しいものではなく(私が辿りついた時期は、今回の日本アカデミーショーにおける、全身がんです発言よりも数ヶ月前の出来事でしたので)その後オンコロジーセンターのHPを開いたとき、正直なところ半信半疑だった。


そのとき、ここでの治療をするなんてすぐに決心できるものではなかった。
UASオンコロジーについて書いてある記事を色々と探しあて、著書を取り寄せて読み、最終的には植松先生のセカンドオピニオンで決めた(実際には行く前からほぼ決定していました、自分の中では)
なにより抗がん剤をしたくなかったのが一番の思いだった。
私の中に、手術することへの強い抵抗というのはあまりなかった。


それまで、ガイドラインに沿った標準治療が一番優れているといわれ続けた私、『それしかない、その方法が一番いいらしい』と傾きかけたことも何度もある。
それは決心や納得をしたというものとは違い、諦めの境地であったとも言える。

そこから勇気を持って外れようとしても、ある人にとっては大変な壁にぶつかることもあるらしい。
あんな大病院のエライ先生が勧めてくれる治療なのに、いい先生じゃない、一生懸命で。
多数派といわれるもの、みんながそうしているのが間違いであるわけがない。
だまされるんじゃないか?
後悔するよ、高いお金払って。

などなど、まわりからの反対がある人もいるだろう
本人も、外れることでの不安を抱えるくらいなら、みんながやっている、みんなが正しいと言われる治療を選ぶというのも分からなくはない。
なにしろ、まわりに経験者がたくさんいらして、患者の会などに行くと、みんなで辛さを分かち合い、励ましあう事だってできる。
なにしろ、そんな団体には医療関係者が深くかかわっておられ心強く、また病院でお会いするのとは違い、身近に感じ、話せる、仲良くなった気にさえさせてくれる。
勉強会で同じ方向に向かっているという団結力、連帯感さえ生まれるみたいだ。


だけど、RIPさんのブログを読むと、実際、先ずは標準治療し、再発転移してオンコロジーセンターで治療された人は、初発で受ければ良かったと後悔されるとのこと。

初発で標準治療をして頑張ったのに、辛い治療を乗り越えたのに、不満が出るのも当然だろう。
おそらく副作用も相当だったかと想像する。
オンコロジーで治療した後、全く転移がないわけじゃないと思う。
それを理解したうえで、そう仰る。


植松先生は言われる『身体に優しい治療といっても、楽な治療ではない。時には毒にもなり得る。
藁をもつかむ気持ちで選択をしてはいけない』と

だけど初発で治療を受けた私は、知り合いには紹介するだろうし(後はご自分でご判断を)、身内には強引に勧めるだろうと思っています。

私にとっては、副作用が多少あったとしても最初に提案された標準治療に比べて、おそらく何倍も何十倍も優しい治療だったと思えるのです。


ランキングに参加してみました。
↓↓↓クリック お願いします。

乳がん ブログランキングへ

がん・腫瘍 ブログランキングへ
スポンサーサイト

category: この治療へ辿り着くまでの経緯

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://elmo62.blog.fc2.com/tb.php/32-69feb863
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。