FC2ブログ

 Destiny  乳がん、私が選んだ治療法のこと

2012年11月乳がんが見つかりました。納得してないのに医師に言われるままに治療を受けていいのか?悩みました。あまり時間はありませんでしたが、調べて探して、標準治療を外れ、自分の納得できる治療を選択した私。過去を振り返りながら、治療で迷っておられる方に、選択肢のひとつになるよう、書き留めてみました。私がお世話になったのはUMSオンコロジークリニック(旧UASオンコロジーセンター)です。

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

治療開始 鹿児島へ出発! 

 

2013.1月31日

セカンドオピニオンで、すぐにでも治療を始められるとのことでした。
ただ、植松先生が鹿児島におられる曜日に合わせて始まります。
31日に決まりました。

PETのデータは新しいものを持っていってたので、今回はCTだけ、撮りました。
その結果をもとに植松先生が治療のオーダーメードをしてくださるのですね。

オンコロジーセンターの受付は4階ですが、いよいよ治療する1階に別のエレベーターで下ります。

そこもロココ調の椅子が置かれ、綺麗な絨毯が敷き詰めてあり、土足ですから、汚れた靴で行くと申し訳ないような気持ちになりました。雨の降った日など・・・(笑)

オンコロジーセンターは静かにクラシックが流れています。

治療室の待合室まで、病院らしくないラグジュアリーな雰囲気でした。

それと医師も検査技師も白衣は着ておられません。
でもみなさん、ネクタイしめて、上着なしのスーツ姿、植松先生においては時にはセータースタイルで、でもきちっと清潔感あふれるセンスに溢れていましたよ。
だから病院で感じる威圧感というものがないのです。




翌日は近くのクリニックで大腸ポリープをとってもらいに行きました。
今年に入って、なんと3回目の下剤、いっこうに慣れません。
あの下剤のポカリをどうにかしたような液体を1㍑以上飲むことがどんなに苦痛か・・・

そこは植松先生に紹介してもらって予約をとっていたのですが、検査をする人が8人くらいいて、テレビとコタツの部屋があり、そこへ下剤のボトルをそれぞれ置いて、そうそう甘露飴がおいてあり、気分転換になめました。

下剤ですっかり出し切ったように思っても、順番待ちがあるので、本を読んで待ちました。

検査はウトウトする間に終わったのですごく楽でした。

一応病理検査にだすので、数日後結果待ちです。
結果はがんではなかったので、一安心でした。
櫻井看護師さんからは、大腸内視鏡のあとだから、疲れていたら翌日でもいいよって言われていましたが、大丈夫だったので、今日も放射線照射を受けました。

ランキングに参加してみました。
よかったらクリックしてくださいね

乳がん ブログランキングへ
スポンサーサイト

category: UASオンコロジーセンターでの治療開始

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://elmo62.blog.fc2.com/tb.php/18-8a34586c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。