FC2ブログ

 Destiny  乳がん、私が選んだ治療法のこと

2012年11月乳がんが見つかりました。納得してないのに医師に言われるままに治療を受けていいのか?悩みました。あまり時間はありませんでしたが、調べて探して、標準治療を外れ、自分の納得できる治療を選択した私。過去を振り返りながら、治療で迷っておられる方に、選択肢のひとつになるよう、書き留めてみました。私がお世話になったのはUMSオンコロジークリニック(旧UASオンコロジーセンター)です。

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

『2014年春セミナー 明るいがん治療を学ぶ』 

 

品川でのセミナーに参加してきました。
治療された方、これからの方、関心を寄せている方、たくさんの参加がありました。

櫻井さん、福井さん、そして植松先生、貴重なお話をありがとうございました!
思いもかけず、向井亜紀さんのお話も聞けました。

植松先生のお話は、具体的で今後に希望が持てるお話でした。
参加してよかった!
準備して下さった東京スタッフの皆様、大変なご苦労もあったかと思います。
ありがとうございました、お疲れさまでした。
短時間ですが一緒にお手伝いをすることが出来、東京を後にするときは、とても名残惜しいような気持ちでいました。


今回の東京行きは友達と遊ぶ予定も兼ねていましたが、東京在住の友達が体調を崩し、会えませんでした。
だけど、せっかくだからセミナー前日は四季をみて、ライブハウスでプロの演奏に酔いしれ、本来の目的であるセミナー参加、と充実した旅になりました。
自分のライブ出演もあり仕事はまぁ普通に忙しく、ブログを書く余裕がなく遅くなってしまいました。
とまぁ言い訳でしたが(笑)

こうやってセミナーに参加して喜んでいられるのは、今のところ良い結果が得られているからであって、もし今後オンコロジーでの治療が不適合な状況が来た時には、ここから離れていくんだなぁ・・・
厳しい状況になったとき、その時はその時で最善な方法を探していくわけだけど、私はどうするかなぁ?
なんて考えました。

今はっきり言えるのは、これから先のことは未知だけど、放射線による肋骨骨折はあるけど、標準治療をはずれて抗がん剤、手術をせずに放射線ピンポイント照射で乳がんが消せた今の状況に満足していることです。
治療後半年は、体調が優れない日が確かにありました。
ただし私の場合は寝込む程のものではなく、その後は、生活の質が保たれています。
病気が見つかる前の、いやそれ以上に元気です。
今までの自分の生活を改めて、特に食事や睡眠、ストレスの軽減など、癌と分かって多くの人が考えるように、生き方を見直すことが出来たことに感謝しています。

大学病院で手術だけの提案であれば、私はおそらくオンコロジーセンターでの治療を探し当てていなかったと思います。
(ただ、色々と調べていくうちに手術で取り除くことでのリスクの記事も最近目にします。)
全身にちらばっている癌があるかないか分からないのに予防として、また効くかどうか分からないのに、わざわざ自分の正常な細胞までたたくような抗がん剤を使いたくなかったから、探したのです。
ガイドラインというものを重視しない、この治療を。
やみくもに崇拝しているわけではありません。
私が出来る予防は、自己免疫力を高めて、その正常細胞が、がん細胞を異物と捉えてたたいてくれる。そのための生活習慣の見直し、それにつきるかと思います。
といっても完全に完璧に出来ないことが多いですけどね・・・

標準治療よりずっと優しい治療ということはおそらく確かです。
自分が標準治療をやっていないので比べることは出来ませんから予想です、としか言えません。



そうそう、UASオンコロジーセンターでの治療法に関して、間違った情報、うろ覚えの情報で、特定の機関、個人名を出して批判するのは恥ずかしい行為ですよ!
どうか正しい情報発信をお願いします。


スポンサーサイト

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。