FC2ブログ

 Destiny  乳がん、私が選んだ治療法のこと

2012年11月乳がんが見つかりました。納得してないのに医師に言われるままに治療を受けていいのか?悩みました。あまり時間はありませんでしたが、調べて探して、標準治療を外れ、自分の納得できる治療を選択した私。過去を振り返りながら、治療で迷っておられる方に、選択肢のひとつになるよう、書き留めてみました。私がお世話になったのはUMSオンコロジークリニック(旧UASオンコロジーセンター)です。

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

私たちが知る、UASオンコロジーセンターの、他病院と違うポイント 

 

オンコロブログ一斉同じお題でUP!
今日皆さんのアップされているブログを読んでみて、面白い企画なので、日頃ブログ更新していない私ですが参加してみることにしました。

第一回目のお題
私たちが知る、UASオンコロジーセンターの、他病院と違うポイント


4次元ピンポイント放射線照射でガンを消滅させる。
自由診療のため、保険が効かない。
他院と違い、ガイドラインを重要視されていない。
かといって抗がん剤については全否定ではなく、必要に応じて、必要な時期に、必要な量をという印象があります。
この『必要な』の、さじ加減が他の標準治療を常としている病院と違うんだと思います。
元々私は抗がん剤をしたくなかったから辿り着いたという経緯があります。

オンコロジーの部屋の中は一般的な病院と違います。
一般病院は冷たい無機質な感じが多いけど、オンコロジーはホテルのようにゆったりとしていてゴージャスな雰囲気。
スタッフさん達が丁寧でやさしい。
治療して頂いているのですが、ハード面でもソフトでも『おもてなし、されてる感』で居心地が良かったです。
患者をゲストという扱いで捉えておられるんじゃないかな。

標準治療をしていたら、まだ最低でも4年は薬漬けの日々を送ってた予定。
だけど今は、ガンであること、あったことを忘れてしまうくらい普通の日々が送れています。
QOL(クウォリティ オブ ライフ)が保てます。

副作用は人それぞれであるものの、治療そのものは、痛くなく短時間で終り、明るいがん治療と植松先生が謳っておられる通りです。

個人的に感じたもので一番大きかったのは
再発転移するガンの恐ろしさを目の前にぶら下げられて恐怖心を煽られていた大学病院での治療方針から、
根治する可能性もあることに目を向けれる自分になれたこと、ですかね~。
かといって、無知に手放しで喜んでるわけじゃないですけどね、ただ、楽しんでも悩んでも同じく時間は過ぎていく・・・ということを日々噛み締めております。


2回目のお題はなんでしょうね



乳がん ブログランキングへ
スポンサーサイト

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。