FC2ブログ

 Destiny  乳がん、私が選んだ治療法のこと

2012年11月乳がんが見つかりました。納得してないのに医師に言われるままに治療を受けていいのか?悩みました。あまり時間はありませんでしたが、調べて探して、標準治療を外れ、自分の納得できる治療を選択した私。過去を振り返りながら、治療で迷っておられる方に、選択肢のひとつになるよう、書き留めてみました。私がお世話になったのはUMSオンコロジークリニック(旧UASオンコロジーセンター)です。

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

治療後、初の検査結果 

 

28日、PETとCT検査をしてその結果を持ち、オンコロジーセンターで診察をうけた。

『良かったですね!治療効果が現れていますよ!』
良かった!良かった!植松先生と、櫻井看護師さんに笑顔で伝えられた。
幸いにも転移はしておらず、原発巣も消えていた。

『消えているんですね、大丈夫なんですね!』と私。
植松先生
『今のところ、画像上ではね』

・・・

確かにそれが真実です、真実なのはわかっちゃいるけど
(iwanakutemo・・・)・・・植松先生は正直なのです

次は3ヵ月後に検診です。

3ヶ月なんてあっという間だな
病気であることを手放したいと思うけど、手放せない現実。

病気になる前に戻れば幸せだろうなぁ なんて少し思ったけど、
病気が発覚する前がすごく幸せだって感じてたわけでもなかった。
それに今がすごく不幸でもない。

それを思うと、現状を満足だと思って生きていないってつくづく感じさせられる。

今は居心地の良い場所にいることでの幸せがどんなに大切なのか考えています。
それは人的、物的環境であり、自分の考え方です。

治療はひとまず終わったけど、終りじゃない。
だけど、それも特別なことじゃないんだって、自分に言い聞かせています。


ランキングに参加してみました。
↓↓↓クリック お願いします。

乳がん ブログランキングへ

がん・腫瘍 ブログランキングへ
スポンサーサイト

category: UASオンコロジーセンターでの治療開始

tb: 0   cm: 4

△top

UASオンコロジー体験者による 100のQ&A 

 

オンコロジーで治療を受けた人達による体験談を患者有志で集めて下さっています。
治療を迷われている方、参考にしてみてください。

≪Voices! of UAS Oncology Association.私たち、UASオンコロジーセンターで治療しました!≫


ランキングに参加してみました。
↓↓↓クリック お願いします。

乳がん ブログランキングへ

がん・腫瘍 ブログランキングへ

category: UASオンコロジーセンターでの治療開始

tb: 0   cm: 2

△top

明るいがん治療で、鹿児島を満喫する~の巻♪ 

 

オンコロジーでの治療は1日のうち、待ち時間などで多少変わりましたが、1時間はかかりません。
(現在の状況はよく分かりません)

提携病院へ入院していても、拘束されることはないので、食事の要、不要などを伝えて、治療以外の外出が出来ます。
(ただし、出かけるときと帰ったときの報告やご挨拶は当たり前のことです。)

私は植松先生に痛みにやさしい(笑)歯医者さんを紹介してもらい、途中から歯医者さん通いも予定に入れながら、水曜の映画を楽しみ、鹿児島の観光もたくさん楽しみました。

写真 (9)
娘と一緒に楽しんだ水族館。大きな水槽に両手を当てていると、悠々と泳ぐ魚たちを身近に感じパワーをもらったよう。

写真 (13)
写真 (12)
写真 (11)
東京から来てくれた友人と出かけた妙見温泉 (上)一枚岩を切り出した温泉 (下)そこでは鶏の親子が自由に散歩しています。
まるで時間が止まっているような優しい空間に癒されました。

写真 (16)
写真 (15)
桜島 (下)フェリーから見えた鹿児島の町、お世話になりました。

写真 (14)
鹿児島在住の友人に案内してもらった潮浸温泉 パワースポットの大きな樹木もありました。

写真 (18)
友人と本物アンティークで飾られたお洒落なカフェでのひととき


鹿児島は素敵な町でした。
暖かい人の町でした。

感傷・・・

ランキングに参加してみました。
1日1クリックしていただくことでランキングがあがり、治療を迷っておられる方の目にとまりやすくなります。
マイノリティな治療に光をもっと当ててください。
1日1クリック 是非お願いします。

乳がん ブログランキングへ

がん・腫瘍 ブログランキングへ

category: UASオンコロジーセンターでの治療開始

tb: 0   cm: 0

△top

治療による副作用(私の場合) 

 

私は治療開始後、10日くらいから夕方になると少し倦怠感が出るようになりました、それに伴い食欲が減退。
肉類など、油っぽいものが特に駄目になりました。
魚、野菜中心で、白飯もすこし残すようになりましたが、例のパン屋さんで買い置きしておいては食べれるときにつまみ食い、なので、量の点ではまったく問題なし(笑)
倦怠感は長時間続くことはありませんでしたので、それに慣れると『あっ!今来た』って感じで受け止めていました。

2週間くらいしたら皮膚炎が出るはずだから温泉もそれまでに入っておくように!
とのことでしたが、脇の下が黒っぽくなるくらいで、入院中は皮膚炎とは無縁でした。

退院して4日目から徐々に痛みやかゆみや、場所によってはジクジクしましたが皮が薄く徐々に剥けて一週間もするときれいになりました。(ちょうど日焼け後のように剥けました)
早くから黒っぽくなっていた脇の下はカサブタのようになってしまい一番やっかいでした。

そのときのために看護師さんからは消毒と傷にくっつかないガーゼをもらって帰っていました。
剥けた皮膚の色はまだ完全に元通りではありませんが、徐々に左右差がなくなりつつあります。


それと、じわじわと白血球が下がりました。
悪いときは基準値を下回り(それでも2800だったかな?)、そうなると感染してはいけないからって自分で判断して、人ごみは控えめにしました。(後半の後半)
だけど、数値的には治療をする必要のないほどで、最後まで歩いて治療に通えました。
治療終了して4日後検査してもらったら少し上がっていました。
植松先生は、自然に数値は上がっていくから心配しなくていい、今後の検査も必要ないと言われましたが
退院して一ヵ月後、念のために地元にて検査し、基準値まで上がっていることを確認しました。

鹿児島での水曜日はもちろんレディースデイ、映画館へ GO!でした。

28日に及ぶ治療が終わった翌日は、とにかく眠くて、どこにも行かず入院先のベッドで寝てました。
安心したのと、治療によるツケがやってきたようでした。

写真 (3)
鹿児島ってホントに私好みの建築が多い
そそられる そそられる

ランキングに参加してみました。
よかったらクリックしてくださいね

乳がん ブログランキングへ

がん・腫瘍 ブログランキングへ

category: UASオンコロジーセンターでの治療開始

tb: 0   cm: 0

△top

オンコロジーでの治療(私の場合) 

 

オンコロジーではがんのある右胸と(リンパに転移はありませんでしたが)右の脇の下に全体にかけ、2週間後よりピンポイント照射がそれに10日加わり、全部で4週間、28回行いました。

全体にかけるときは5分くらいでしょうか?あっという間に終わります。
気をつけることといえば、仰向けに診療台に横になり、両腕をあげます。
あげた手で直径15センチくらいの輪をもち、動かない
あごは少し上に上げるようにして

それだけ

2,3日して首筋が痛くなりました。
それは日頃しない体勢によるコリみたいでした。それは入院先で湿布をもらって解決。
肩や首の体操なども適当にしました。

ピンポイント照射が加わると少し時間が長くなりますが、30分はかからなかったと思います。
ピンポイント照射が加わった時は、寝ている診療台が今までより動きが多くなり、CTの機械にも入ります。
台が斜めに動き、斜め下あたりからも照射されたのじゃないかと思います。
機械がウィーーーンって動きましたから、おそらく。
聞いてみたいけど、お忙しくされているし、お次の方もお待たせしているし、遠慮して何も聞けませんでした。
技師さんはどなたも礼儀正しく、挨拶をされて、照射中の患者を待たせないように、照射が終わるのを扉の前で待っておられ、走って中の患者さんのところへ来てくださいます。

というのも、その部屋は扉のある入り口から照射するベッドまでが結構長いのです。
技師さんへの安全面などにもきちっと計算されているのでしょうね。

時にはすぐに走り出せるよう、扉の前でウォーミングアップされていました。
とにかく患者さんのためにっていうのが、どのスタッフさんからも伝わってきます。

治療が終わり、出口へ向かうときは、もちろん技師さんは患者にあわせて歩かれます。
しかも、エレベーターのボタンを先に押して、すぐに4階まで行ける様、配慮されます。

オンコロジーは患者にとって、とても居心地の良い環境なのです。

入院中に花粉の時期を迎えた私は、入院先で花粉症の薬も処方してもらいました。
それと入院してから、眠れない日が続いたので、睡眠導入剤をもらいました。
入院先での治療は保険が効きますから、そこのとこは安心ですね。


病院の食事は薄味です。
だけど出汁がよく利用されており、流行の かる塩 のように感じました。

ただ最初は美味しく感じたものの、途中で食欲が落ちてきた私は、お店で『ご飯の友』たちを買いそろえ(冷蔵庫も部屋についていましたから)、また果物やパンを買ったり、味が濃いものは食べれそうだと思ったら、外食をして、体力が落ちないように、食べれるときに食べたいものを の精神でやり過ごしました。
なので、ちっとも痩せませんでした

pan.jpg
入院先近くのパン屋さん
種類が多くて、いつもお客さんでにぎわっています。
食欲がない時に何度助けられたことか 天然酵母で作っておられるみたいです、味がしつこくないって感じかな。

hara.jpg
お豆腐やさんが始められたというドーナツやさん 豆腐、おから が使ってあるんでしょうね、旨みがあります。
大好き。
これは全国にもあるようで、地元に帰ってからも買って食べております。
お店の外装がお気に入り。 この写真はネットから拾って来ましたが、壁はもう少しアンティーク色に変化しております



ランキングに参加してみました。
よかったらクリックしてくださいね

乳がん ブログランキングへ

category: UASオンコロジーセンターでの治療開始

tb: 0   cm: 0

△top

乳がんになっての周囲の反応 

 

乳がんであることを周囲の人へ告げた時、治療を選択するまでの経過の中で、同病の知人も含め、友人の多くは見守り応援してくれるという姿勢でしたが、3人は少し違っていました。

どう表現したらいいか

積極的に自分の思いを伝えてくれた人かな?

まずは同僚のひとり
ネットでの乳がんの情報を色々と提供してくれました、女性です。

ふたりめ
以前ブログに書いた男友達
抗がん剤、絶対反対派
ベンズアルデヒドで治してみたら?アーモンドたべよ 

3人め
がんで友人を亡くした経験があり、なまぬるいのはダメ!って派
とにかくごっそり切ってがっつり治療すべき(本人の談)、って男性。
私がこの人の奥さんだったら・・・じゃなくて良かった(笑)

色んな反応がありましたが、どの人にも感謝しています。
みんな私のことを考えて言ってくれているって感じることができました。

子供たちは心の中では心配してたようですが、私は弱音を吐かずに(だけど、迷いの中で大きなため息は吐いていました)元気で治療法を探していたので、息子などは
『母さん見てたら、がんは恐い病気じゃないように思えてきた』とまで言ってくれました。

私はあえて医療関係者である親戚や友人には事後報告としました。
専門職であるがゆえ、マイノリティな方法を進められることはまずないだろうと思ったからです。

思えば私は少し変わってるのかもしれません。
今回の決断において、兄ふたりいる中で一番男らしいって兄嫁から褒められました(?)(笑)

写真 (4)
オンコロジー斜め向かいにあるザビエル像です。

ランキングに参加してみました。
よかったらクリックしてくださいね

乳がん ブログランキングへ

category: UASオンコロジーセンターでの治療開始

tb: 0   cm: 0

△top

勇気をもらった鹿児島の風景 

 

2013.2月

写真 (5)
入院先から徒歩3分くらいのところにドルフィンポートがあり公園があります。
そして目の前に桜島が見えます。
雄大で包み込まれるようなこの景色が大好きで、何度も足を運びました。


写真 (7)
写真 (6)
治療が始まってすぐ、通院途中にある照国神社へお詣りにいきました。

節分のときには豆まきがあり、治療は午前中に終わっていましたが、どうしても行ってみたくて。
私は収穫はなかったですけど、周りの人はたくさん拾っていたような・・・

司会者が『おには~そと!ふくは~うち! みなさまもご唱和くださ~い!!』
何度も何度も繰り返します。

と言ってるにもかかわらず、皆様拾うのに忙しくて、それどころじゃありません。
そのことがおかしくって、親友に電話で告げ口して爆笑してました。
けっして、収穫ゼロの恨みじゃありません(笑)


ランキングに参加しました。
よかったらクリックしてくださいね

乳がん ブログランキングへ

category: UASオンコロジーセンターでの治療開始

tb: 0   cm: 0

△top

腫瘍マーカー 

 

2013.2月1日

提携病院で院長との診察・・・のはずでしたが、あいにくとお出掛けで、代理の先生と軽い問診がありました。

そして血液検査。
私はこの時初めて腫瘍マーカーをしました。
というか、これまでも何度もB病院で血液検査はしたものの、その結果を知らされることがなかったので、してたけど知らないだけかもしれません。

次の診察時、植松先生にその結果表をお渡しすると
『数字に出ないタイプみたいだね』と

2つの検査項目がありましたが基準値よりもずっと低いのでした。
初期の初期 あるいは 数字に出ないタイプ とのことでした。

腫瘍マーカーってあてにならないの?

ランキングに参加してみました。
よかったらクリックしてくださいね

乳がん ブログランキングへ

category: UASオンコロジーセンターでの治療開始

tb: 0   cm: 0

△top

提携病院へ 

 

2013,2月1日

今日から提携病院へ入院して、オンコロジーへ治療に通います。
荷物が多かったので、荷物を預けていた、オンコロジー近くのビジネスホテルから提携病院へはタクシーで。

今回タクシーを使ったのは、初日と、提携病院までの2回のみで、ほとんど徒歩です。少し遠いところは電車、バス。便が多くとても便利でした。

治療に通うのは入院先から10分くらいで、もちろん徒歩です。
電車で3駅くらいの所は平気で歩きました。
とにかく平地で、歩きやすく、雨が降ったらアーケードを利用すればへっちゃらなんで、

鹿児島では本当によく歩きました。
歩くことでお店も発掘できるし、健康でいられました、これまでよりも(笑)

入院する病院へ着き、昼食は近くのドルフィンポートで食べました。
奄美大島のおみせで、鶏飯を生まれて初めていただきました。
う~~~ん、ちょっとおどろき
写真 (2)

入院先の病院は個室をお願いしました。
オンコロジーから一日、7000~1万の差額料がかかると聞いていましたが、それは新しく増築されたほうで、古いのは3000円からありました。
でも3000円ではトイレ、風呂はついていません。

3500円からはトイレ風呂付!
4000円はさらに日当たり良し!

その次がたしか新病棟の7000円です。

私は4000円の部屋にしました。
建物は古いですが、私にとっては十分でした。

ただネットの状態がイマイチでした。
3Gです。

今回、自由診療での治療が選択できたのも、個室での入院ができたのも、保険をかけていたお陰です。
ありがとう!保険!入っててよかった。

ランキングに参加してみました。
よかったらクリックしてくださいね

乳がん ブログランキングへ

category: UASオンコロジーセンターでの治療開始

tb: 0   cm: 0

△top

治療開始 鹿児島へ出発! 

 

2013.1月31日

セカンドオピニオンで、すぐにでも治療を始められるとのことでした。
ただ、植松先生が鹿児島におられる曜日に合わせて始まります。
31日に決まりました。

PETのデータは新しいものを持っていってたので、今回はCTだけ、撮りました。
その結果をもとに植松先生が治療のオーダーメードをしてくださるのですね。

オンコロジーセンターの受付は4階ですが、いよいよ治療する1階に別のエレベーターで下ります。

そこもロココ調の椅子が置かれ、綺麗な絨毯が敷き詰めてあり、土足ですから、汚れた靴で行くと申し訳ないような気持ちになりました。雨の降った日など・・・(笑)

オンコロジーセンターは静かにクラシックが流れています。

治療室の待合室まで、病院らしくないラグジュアリーな雰囲気でした。

それと医師も検査技師も白衣は着ておられません。
でもみなさん、ネクタイしめて、上着なしのスーツ姿、植松先生においては時にはセータースタイルで、でもきちっと清潔感あふれるセンスに溢れていましたよ。
だから病院で感じる威圧感というものがないのです。




翌日は近くのクリニックで大腸ポリープをとってもらいに行きました。
今年に入って、なんと3回目の下剤、いっこうに慣れません。
あの下剤のポカリをどうにかしたような液体を1㍑以上飲むことがどんなに苦痛か・・・

そこは植松先生に紹介してもらって予約をとっていたのですが、検査をする人が8人くらいいて、テレビとコタツの部屋があり、そこへ下剤のボトルをそれぞれ置いて、そうそう甘露飴がおいてあり、気分転換になめました。

下剤ですっかり出し切ったように思っても、順番待ちがあるので、本を読んで待ちました。

検査はウトウトする間に終わったのですごく楽でした。

一応病理検査にだすので、数日後結果待ちです。
結果はがんではなかったので、一安心でした。
櫻井看護師さんからは、大腸内視鏡のあとだから、疲れていたら翌日でもいいよって言われていましたが、大丈夫だったので、今日も放射線照射を受けました。

ランキングに参加してみました。
よかったらクリックしてくださいね

乳がん ブログランキングへ

category: UASオンコロジーセンターでの治療開始

tb: 0   cm: 0

△top

治療への身支度 

 

一ヶ月近くの滞在だから、すごい荷物になりました。
入院すると保険がおりるとわかったので、提携の病院へ入院することになりました。

治療は一日のうちの30分くらいと聞いていたので、それ以外は時間があるからなぁ・・・と

・着替え
・洗面用具
・タオル
・洗剤

・出来れば個室希望だったので、湯沸しポット(笑)コーヒーやらほっとレモンとか各種お茶でものもうと
・ノートパソコン(結局ネットにつなげないお部屋で、iphoneのテザリングとかやってみたけど無理がありましたので、失敗。 後で聞くと、お部屋によっては使えたみたいですね。)
もっぱら、まかされているHPを少しいじったり、音楽聞くのみ・・・レンタルビデオのお店が近くにありませんでした。ツタヤのディスカスも短期間だし諦めました)
・読みたい本

・果物用ナイフとか
・爪きり なんかも(笑)
・入院先ではくスリッパ

でもでも、鹿児島でも全部揃えられますよ。
困ることはありません、ただ無駄な買い物は避けたかっただけの話ですけどね。

海外旅行へ行くくらい大きなスーツケースになりました。

鹿児島に着いてすぐはビジネスホテルに1泊しました。
なのであらかじめ、そのホテルに荷物を送って預かってもらいました。

そのビジネスホテルはオンコロジーセンターからの紹介で一般で泊まるよりも安かったみたいです。

初日の夕食はここで
写真
オンコロジー近くのイタリアン
こういう内装に惹かれます。

ランキングに参加してみました。
よかったらクリックしてくださいね

乳がん ブログランキングへ

category: UASオンコロジーセンターでの治療開始

tb: 0   cm: 0

△top

オンコロジーセンターのセカンドオピニオン 

 

1月24日、セカンドオピニオンを鹿児島のUASオンコロジーセンターでうける。

セカンドオピニオンを受けるためにB病院でこれまでのデータをもらう必要があります。
B病院へ行っては先生から説得されていた私には本当に勇気がいる作業だった。
標準治療しない人はまるで愚か者と思ってしまうような勢いがあるのです。

なので私は先生のところへメールしました、それまでもメールでのやりとりもありましたので。
『どうしてもセカンドオピニオンが受けたいのでお願いします、と。鹿児島のUASオンコロジーセンターという病院です』
先生からは
『了解しました。』とお返事があり、後日とりにうかがいました。
一週間の猶予の間にA病院の感触もわかったし、本当にバタバタと変化が起きた一週間でした。

オンコロジーで治療すると決めたとき、B病院へは植松先生から、紹介状のお返事として連絡を入れてくださいましたので、その後困ったことはありませんでした。




鹿児島へは新幹線で。
旅行で以前に訪れたときは車だったが新幹線で、あっと言う間に到着。

それからは、さるのこしかけびわのたね のRipさんが書かれている情報を元に、タクシーで向かった。早めに到着しようと思ったのだ。

受付、待合室はとても広い空間のなかにゆったりと椅子が並んでいた。
豪華なホテルのロビーのようです。

持ってきた紹介状や、私のデーターを受付で渡し、12時まであと25分あったので、腹ごしらえして気持ちに余裕を持って臨もうとした(笑)

歩いてすぐの場所に可愛いダイニングカフェがあったので、速攻入り、すぐ注文して、慌てて食べたのです。
(あ~~ぁ、あと10分あればな・・・)
予約時間に遅れないようにと、滑り込みぎりぎりセーフ!

それから待つこと10分くらいかな?
ほとんど待ったという感じはなかったけど、持ち時間30分、料金2万5千円を無駄にしないよう、携帯に入れた質問事項のページを開き、ICレコーダーの録音スイッチONにして医師のまつ診察室へ。
ここのとこ、医師との会話は録音するようにしていた。
だって一度聞いても理解できないこともあり、なにより忘れる
そのもどかしさを解消するためだ。

植松医師は私のデーターをパソコンで診断されていた。
『初期だし、お望みであれば、放射線で十分治療できますよ』
『あなたの場合、9割は再発転移はないと考えてよいものです』

え?そうなんですか?
この一言は、これまで一度も聞いたことがなかった。

先生の自信に溢れた、シンプルな発言に『(ここでの)治療、お願いします!』と言っていた。

いつも危険性ばかり強調されていた、恐ればかり抱かせるような切り口だった。
『大丈夫ですよ』なんて一度も言われたこともなかった。
抗がん剤をしなけりゃ大変なことになっても仕方ない、そればかり言われていたように思える。

なんだかきつねにつままれたような気分で歩いた。
悪いほうばかりに目を向けていた私は、ある意味洗脳されていたのかもしれない。

急に青空が広がったように感じたのは、新幹線に乗って帰るときだ。
繰り返し、録音した植松先生の話を聞いた。

帰りの新幹線で親友にメールした
『お任せできるって、信頼できるって初めて思えたよ。嬉しい』
私はその時病気になって初めて泣いていた。
電話の向こうで親友も泣いてくれていた。

ランキングに参加してみました。
よかったらクリックしてくださいね

乳がん ブログランキングへ

category: UASオンコロジーセンターでの治療開始

tb: 0   cm: 0

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。