FC2ブログ

 Destiny  乳がん、私が選んだ治療法のこと

2012年11月乳がんが見つかりました。納得してないのに医師に言われるままに治療を受けていいのか?悩みました。あまり時間はありませんでしたが、調べて探して、標準治療を外れ、自分の納得できる治療を選択した私。過去を振り返りながら、治療で迷っておられる方に、選択肢のひとつになるよう、書き留めてみました。私がお世話になったのはUMSオンコロジークリニック(旧UASオンコロジーセンター)です。

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

はじめに 

 

2012年11月乳がんが見つかりました。
2013年2月より、私はUASオンコロジーセンターにて放射線4次元ピンポイント照射治療をうけました。



治療を受けたUASオンコロジーのHPです。


UASオンコロジーセンターで治療を受けた経験者Ripさんが管理・制作されているHPです。New Ver.
大変丁寧に紹介してあり、私は随分助けられました。
私にとって、オンコロジーでの治療を現実的に捉えられる事が出来た、貴重で感謝いっぱいのHPです。


・・・はじめのご挨拶・・・


私は偶然に、運よく鹿児島のUASオンコロジーでの放射線による4次元ピンポイント照射を見つけ治療しました。
期間は2013年2月、約一ヶ月間でした。

私は外科的手術、抗がん剤はしておりません。
『明るいがん治療』というのは、UASオンコロジーの植松医師の著書のタイトルです。

私が治療し終わって一ヶ月あまりの間に、メディアに取り上げられ、注目をされて、オンコロジーセンターはとても忙しくなってきているようです。


偶然(たまたま?)?、運?、これは周囲の人達がそう言うからです
『よく見つけたね~よく辿りついたね。』
私もそうだったなって思います。
がんが見つかって、普通にするように、専門外来といわれる門もたたきました。
告知を受けてから、2ヶ月くらいで治療は始まりました。
あの2ヶ月は怒涛のように色々と考え行動した濃い時間でした。


運、偶然、そんな感じです。
何故なら、すこしタイミングがずれてたら、またその時どういう出会いがあったか、どこかの部分に困難を感じていたか、自分の感性もそうですし、日頃の考え方、それに反応する自分がいたかどうか、いろんな条件が揃ったからだと思うのです。

こんな自由、主義、主張叫ばれる世の中で、病気に対する治療法は、偶然や運、そんなのじゃなく、公平、平等に、当然のように皆に情報が与えられるべきだと強く思っています。
自分の身体は自分しか生きられません。
だからこそ、自分で選択して治療していくべきじゃないかなぁと思っています。
無治療を選択することも含めてそのように思っています。

自分で選択したものは自己責任ですから、責任転嫁もしません。
誰を恨むこともないのです。

私の拙い文章ですが、もし誰かのお役に立てたら嬉しい、そんな思いで書き始めました。
少しゆっくりしたくて、そしてやりたい事もあって、今、少しだけ休職をしていますが、治療が終わって一ヶ月半(2013,4月中旬 記)になります。
副作用でぐったりすることはなく、今はまったくの元通りの体調です。
放射線照射による副作用は個人差があるそうですが、自分に起こったものも書いていきます。

そして私は乳がんの治療でしたが、同じ病気であっても、そして当然ながら違う癌も、患者に合わせて治療計画をたてられるので、そのあたりはご承知おき下さい。


それに医療については全くの素人ですから、どうしても訂正すべき重大な箇所があればご指摘もうけます。
(なるべく専門的なことは著書を引用する以外は書かないようしときます・・・)

職場復帰までのあいだ、過去を辿って記録に残したいと思います。
だけど、結構手間取っております。

早く現在にたどり着きたい(笑)

ブログを最初から読んでみたいわ!という方がもしおられましたら
PCの場合ですと右側に『月別アーカイブ』がありますので古い順に開いていただくと
1ヶ月分1ページで、サクサクっと(?)読めますので、ご利用ください。


2013、4月15日 記 

明るいがん治療 そのタイトルが好きです!
明るいがん治療は、2013.4月現在 1.2.3とありますが、知り合いに請われて今は手持ちにありません。

スポンサーサイト

category: はじめにお伝えしたいこと

tb: 0   cm: 7

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。